東京新聞 TOKYO Web 「滋賀県から福島県大熊町に移住した男性の物語。」

ごめんなさい。写真みた瞬間にふきだしてしまいました。いつも彼の生き様には、たくましさみたいなものを感じて、その物語からはいい影響を受けます。スンバ島の洞窟探検も、彼の情熱的なプッシュで実現にむかい始めたといっても過言ではありません。今回は突然、東京新聞社会面?てことでビックリしましたが、また元気をもらえました。

前人未到展2019開催

11月17日(日)曜日11:00〜16:00まで、衣笠キャンパス存心館301号室(3階)にて、前人未到展2019を開催します。

令和2年(予定)立命館大学探検部60周年記念事業

新元号「令和」が発表されましたね。アルファベットで頭文字が「R」、なかなかいいんじゃないでしょうか。さて、立命館大学探検部は1960年・昭和35年に「探査会準備会」が発足したことに由来します。なんとか3つめの時代を迎え、来年のオリンピックイヤーに60周年が迫っています。予告として、立命館大学探検部の60周年事業をおしらせいたします。

年越し🍲

12月25日〜1月1日に、大阪大学探検部、大阪市立大学探検部、東京スペレオクラブの方々と一緒に、第20次沖永良部島洞窟探検隊として新洞探査してきました!!

今年の前人未到展は未開催でした

大変残念な報告です。1999年度より立命館大学学園祭を中心に例年開催してきた「立命館大学探検部 前人未到展」が、今年度は未開催となってしまいました。